FXのスワップ金利(不労所得)生活達成時期を前倒しするために収入の増加を検討するページ
FXのスワップ金利(不労所得)生活達成時期を前倒しするために収入増加の検討
為替王にあこがれる初心者のためのFX総合情報 TOP > 収入増加の検討
スワップ金利生活達成時期を前倒しするために、収入を増加させるにはどうすればよいか
スポンサード リンク

スワップ金利生活のための3000万円の現金資産は、どうすれば、いつまでに構築できるかでは、300万円を種銭として、毎年300万円追加投資しながら年率20%で運用していくと、 6年後には3575万円を手にすることができ、晴れてスワップ金利生活を送れることを説明しました。

ここでは、6年間という準備期間をさらに短縮するために、『資産形成のための成功の方程式』から導き出される強化ポイントである『収入の増加』について、検討していきます。

  資産形成 = (収入 − 支出 ) + ( 資産 × 運用利回り )



◆夫婦共働きのすすめ

まず、収入を増やすために結婚している方は、夫婦共働きを検討してください。
(独身の方には、関係なくてすみませんm(。。)m)

いろいろ画策するより、この一手を打つだけで大きなインパクトを得ることができるでしょう♪
戦後間もない時期から時代は移り変わり、世界一居住費が高く、さらに世界一人件費の高い国となってしまったこの日本で、専業主婦を養っていくことは究極の贅沢といえます^^;

この辺の感覚は、FXでグローバルに投資を行なっている方々であれば、ある程度直感的に理解いただけるかと思います。

当サイトでは、6年間で夢のスワップ金利生活を達成することを標準シナリオとして展開していますが、毎年300万円の追加投資が必要であるため、大前提として妻の協力が必要不可欠です^^;

もし、当サイトがきっかけとなって、夫婦共働きを検討・選択したうえで、将来的にスワップ金利(不労所得)生活を実現する夫婦が増えたなら、これにすぐる喜びはありません♪
ぜひ、このサイトを利用して奥さんを説得してみてください^^

なお、奥さんが子育てで忙しく夫婦共働きどころではない家庭でも、専業主婦として在宅で可能な副業を検討してみてください。



◆サラリーマンとして給与増加を狙うべきか、それとも副業を行なうべきか

結論から先に言うと、サラリーマンとして一定の仕事をこなせるまで成長済みである方であれば、副業を行い新たな収入の柱を構築していくべきです。

このサイトを見ていただいている方の、ほとんどがサラリーマンかと思います。

サラリーマンを雇っている側の立場から考えると、社会人1年目からの数年間は、会社への貢献力が0(ゼロ)の状態から高い成長率で貢献力を伸ばしていけるので、給料はそこそこ上昇させてもいいかなと考えるはず。

一方、一通り仕事をこなせるようになっている状態の者を昇給するためには、更なる会社への貢献が必要です。ここでいう会社への貢献とは、あなたが単純にサービス残業をしてやりくりするなんて行為は、雇っている側からしたら、『頑張っているのはわかるけど。。。』ってな感じで、更なる貢献には至っていないかと思います。

一通り仕事をこなせるようになっている状態のあなたが、会社へと更なる貢献をするためにやらなければいけないことは、大きく以下の2つです。

  • 自分と同レベルの仕事をこなせる人材を部下や後輩から量産育成
  • 会社や所属部署に大きな利益を生み出すスキームを企画し実行

共に、自身が活躍するだけでなく組織として利益を出すしくみを構築するわけですから、要する労力は多大なものになります。

そのうえ、成果として会社に認められるのにはかなりの時間が必要ですよね^^;

ここで思い出してほしいのですが、6年間でスワップ金利(不労所得)生活を迎えることを標準シナリオとして、それを短縮したいがために収入を増加させようとしています。それなのに会社から成果を認められ、相応な昇給に結びつくまでに時間を要しすぎていると思いませんか?

次に、副業への取り組みを検討してみましょう♪

サラリーマンとしての会社への貢献努力とは対照的に、副業では自身の取組みが市場から評価されれば、ダイレクトに報酬として努力の結果が返ってきます♪

土日や祭日および平日の夜間を割いて副業に取組めば一定の収入を築くことができるのではないでしょうか。

なお、副業としてオススメなのは、当たり前のようにインターネットが使われる時代ですので、アフィリエイトを行ってみたり、Web上に店を構えたりするのがよいかもしれません。

アフィリエイトであれば、月あたり5万円ぐらいの収入は一定の努力によって、誰でも実現できるらしいです。

そうなると年間60万円も収入が増えるんですね^^

サラリーマンで短期間に年収を60万円増やすのってなかなか難しいですよね^^;

ということで、サラリーマンとして昇給を狙うよか、副業に取組むことで収入を増やして、夢のスワップ金利(不労所得)生活までの道のりを短縮しましょう^^



◆転職で年収アップにチャレンジすべきか

最終目標としてスワップ金利(不労所得)生活を目指すのであれば、安易に転職を行なうべきではないと考えています。
(私は転職経験がないため、偉そうなことを言える立場ではないです。。^^;)

少なくとも、上司と馬が合わないだとか仕事が楽しくないだとかいうネガティブで後ろ向きな転職だけは、止めた方がいいかと。。

スワップ金利(不労所得)生活を目指す場合に、転職していいパターンは大きく以下の2パターンであるかと思います。

  • 転職することで年収が大幅に上昇することが確実であり、かつ仕事の忙しさは現職とほとんど変わらない
  • 年収は変わらないか、多少下がるものの、転職することで現職と比べて全然忙しくなくなることが確実である

要するに、すごくおいしい転職の話以外は論外ってことですね^^

仲の良い知り合いが転職コンサルタントであり、その方の話によると、基本的に転職は年収が下がるものであり、転職で勝ち組に回れる人は1割に満たないそうです。

故に、最終目標としてスワップ金利(不労所得)生活を目指すのであれば、転職は慎重に行なうべきですね^^
※最終的にスワップ金利(不労所得)生活を目指す方でなければネガティブな転職も全然アリですよ^^;



◆その他の収入増加方法について

上記以外に収入を増加させるために様々な方法があるかと思います。
場合によっては、かなり危険なお仕事や、あやしげなお仕事で収入を増やしてスワップ金利生活までの道のりを大幅に短縮することができるかもしれません。
しかし、最終目的は安定的なまったりとしたスワップ金利(不労所得)生活ですので、そこに至る過程で、大きなリスクを背負い込んで結果として立ち上がれないような危機に陥ってしまっては本末転倒ですので、その辺は大人の判断をしっかりとしていきましょう♪





◆まとめ

Q.スワップ金利(不労所得)生活達成時期を6年先から前倒しするために『収入の増加』を狙う場合は、
   どのような観点で取組むべきか?

A.結婚している場合は、互いに協力し合い夫婦共働きで目標に向かって取組むことが1番重要である。
   更に、空いた時間を副業に当てることで、効果的に収入を増加させることができる。

   そして、転職については、慎重に考えること!