FXのスワップ金利(不労所得)で生活するために、どれくらい時間が必要か検証するページ
FXのスワップ金利(不労所得)生活達成時期の目安
為替王にあこがれる初心者のためのFX総合情報 TOP > スワップ金利生活までの目安
スワップ金利生活のための3000万円の現金資産は、どうすれば、いつまでに構築できるか
スポンサード リンク

FX(外国為替証拠金取引)における本当の勝利と目標設定では、目安として3000万円の現金資産があれば、それを証拠金とし、安定的な2.6倍のレバレッジでニュージーランドドルなどの高金利通貨を保持することで、十分に暮していけるだけのスワップ金利を受け取れることを説明しました。

ここでは、肝心の3000万円の現金資産構築について、どのようにすれば、いつまでに構築できるかを明確化していきたいと思います。

まず、『資産形成のための成功の方程式』を以下に記します。  これは、世の中の真理なのでしっかりと認識しておきましょう。

  資産形成 = ( 収入 − 支出 ) + ( 資産 × 運用利回り )

上記の方程式は、さておき、3000万円の現金資産構築の方法について、ぱっと思いつくかぎり以下の3つが思いつくかと思います。

  1. 毎月一定額を積み立てる。
  2. 資産運用によって複利を効かせて資産を増大させる。
  3. 上記の2つを組み合わせる。

ご察しの通り、これらは上記の『資産形成のための成功の方程式』そのものです。Aが式の( 収入 − 支出 )部分にあたり、Bが( 資産 × 運用利回り )にあたります。
直感的にわかると思いますが、やはりAとBを組み合わせたCを行なった方が、3000万円の資産形成を達成する時期が早まります。

では、それぞれ単独で実施した場合と組み合わせた場合とで、目標となる3000万円の資産形成時期にどれくらい違いが出るのか、実際に計算して比較してみましょう♪



◆Aの場合 (毎月一定額を積み立てる。)

私が実施した場合のケースで計算しますね。

私、実は結婚をしております。(いきなりの告白ですが^^;)となると、、夫婦でダブルインカムという非常に有利な選択肢をとれる立場にいるわけです。

都会で働いているせいもあって、それなりのお給料を2人でもらえるため、贅沢をしなければ、月給から一定額とボーナスから一定額を積み立てることで、年間300万円を積み立てることができると思います。

となると、、 年間300万円積み立てるので、単純に10年で3000万円の現金資産を用意することができます。

ただし、10年間で3000万円という期間が明確な目標もとに頑張ることで、夢の不労所得生活(スワップ金利生活)を満喫できるとはいえ、10年間も質素な生活強いられるため、モチベーションが続くか怪しいですね^^;




◆Bの場合 (資産運用によって複利を効かせて資産を増大させる。)

こちらの場合は、資産運用にまわす種銭を300万円としましょうか。

運用利回りは毎年平均で20%とします。

ここで、平均20%の運用利回りは、投資の世界ではかなりのパフォーマンスですが、実はFXであれば簡単に実現できます。

本当の勝利と目標設定ページで示したように高金利通貨を安定レバレッジ2.6倍程度で保有するだけです^^
為替変動によって含み為替差損がでる年もあるでしょうが、そのうちレートは戻ってきて含み損は相殺されます。そのまま保有し続ければ、スワップ益だけで平均年率20%を実現できるわけです。

では、3000万円の現金資産を構築するまで何年かかるか計算してみましょう。

300万円を種銭として、年率20%で運用していくと、13年後には3210万円となります。
   【ご参考】利回り計算プログラム(『大学生の株日記』より)

上記Aの場合に比べて若干期間を要します。
しかし、この場合、資産運用を行なう際に、ほとんど労力を要さないためモチベーション効率は激しくよいですね^^




◆Cの場合 (上記AとBを組み合わせる。)

この場合は、単純に上記2つを組み合わせるだけなので、機械的に計算してみましょう♪

300万円を種銭として、毎年300万円追加投資しながら年率20%で運用していくと、
6年後には3575万円となります。

   【ご参考】利回り計算プログラム(『大学生の株日記』より)

いかがでしょうか? 質素な生活でも6年間なら我慢できそうではないですか?

それでも6年間も質素な生活なんて我慢できないというのであれば、更に期間を短くすることができます♪

Cの取り組みはAとBの組み合わせですから、話は単純でそれぞれの取り組みを強化すればよいわけです。



ここで再び、『資産形成のための成功の方程式』を思い出しましょう。

  資産形成 = ( 収入 − 支出 ) + ( 資産 × 運用利回り )

式をじっくりとみてみると何をやるべきかはっきりと見えてくるはずです。 それは、以下の通り。

  • Aを強化するためには、収入を増やし、支出を減らす。
  • Bを強化するためには、運用する資産を増やし、運用利回りを上げる。

『なあんだ、みたまんまやん!!』って言ってるそこのあなた。上記を徹底できていますか?

『徹底している』と言える方は、なかなかいないと思います。だからこそ強力です♪
かくいう私も徹底できていませんが、、^^;





◆まとめ

Q.スワップ金利生活のための3000万円の現金資産は、どうすれば、いつまでに構築できるか?

A.300万円を種銭として、毎年300万円追加投資しながら年率20%(FXの安定レバレッジで)
   で運用していけば、6年後には3575万円もの現金資産を構築できる。

    さらに、『収入を増やし、支出を減らす』ことと、『運用する資産を増やし、運用利回りを上げる』
    ことを徹底することで、スワップ金利生活までの道のりを短縮することができる。