FXのスワップ金利(不労所得)生活達成時期を前倒しするために支出の削減を検討するページ
FXのスワップ金利(不労所得)生活達成時期を前倒しするために支出削減の検討
為替王にあこがれる初心者のためのFX総合情報 TOP > 支出削減の検討
スワップ金利生活達成時期を前倒しするために、支出を削減させるにはどうすればよいか
スポンサード リンク

スワップ金利生活のための3000万円の現金資産は、どうすれば、いつまでに構築できるかでは、300万円を種銭として、毎年300万円追加投資しながら年率20%で運用していくと、 6年後には3575万円を手にすることができ、晴れてスワップ金利生活を送れることを説明しました。

ここでは、6年間という準備期間をさらに短縮するために、『資産形成のための成功の方程式』から導き出される強化ポイントである『支出の削減』について、検討していきます。

  資産形成 = (収入 − 支出 ) + ( 資産 × 運用利回り )



◆スワップ金利(不労所得)生活までの道のりを短縮するために最も確実な方法

実は、『支出を減らす』ことが、3000万円の現金資産を用意するための一番の秘訣だったりします。
それは、『支出を減らす』という行為のほとんどが、自身の力の及ぶ範囲内で実行可能だからです。

どうやら、この行為は、「金持ち」になるために必須の行いみたいです。
というのも、「金持ち」のほとんどは、質素な生活をしているという研究結果が存在します。
支出を可能な限り減らして質素な生活をしてきたから「金持ち」になれたのでしょうね^^



◆支出の全体像を捉えて削減効果が大きいものを探してみる

いきなり矛盾しますが、私は支出の全体像を正確に把握しようとしたことがありません。
本来は、家計簿をつけて、現状を把握すべきでしょうが、自身では支出削減のポイントを抑えれていると考えているため、わざわざ家計簿をつけたりしません。

その支出削減のポイントとは、一般的な家計から支出の全体像を捉えた場合に削減効果が大きいものとなり、一言で言うと『固定費の徹底削減』です。

固定費とは、寝てても垂れ流れていく一定の費用のことです。

その固定費の中でも、徹底的に削減すべきであると考えているものは以下の3つです。

  1. 居住費
  2. 自動車関係費
  3. 生命保険費用


A.居住費について

私の周囲の人たちの話によると、共働き夫婦が都内で暮す場合、居住費はだいたい12万円程度必要みたいです。
2人で住むには、かなり狭いですが、、私達は家賃7万円程度のアパートに住んでます。
(1Kで25平米ぐらいの居住スペースかな!?)

平均的な夫婦と比べると月あたり5万円も支出を削減できてます。
つまり、年間60万円も支出の削減ができてるんですね^^

自身の居住費が高いと感じている方は、住む場所を変えてみることを検討することで夢のスワップ金利(不労所得)生活へと大きく前進できるでしょう♪
他の固定費削減を行なう場合も同様ですが、この際、妙な見栄やプライドは捨ててしまうことが肝要です。



B.自動車関係費について

私は都会に住んでいるため、車をあえて所有していません。
地方都市や田舎に住んでいると車がないと生活できないケースがよくありますが、現在は大都会東京に住んでいるため全く必要がありません。

もし、仮に車を保持していた場合、維持費を中心に家計を圧迫します。
東京近辺では、駐車場代が月あたり3万円もするようです。となると、年間36万円も必要ですね。
そのほかに、税金やら保険やら車そのもののローン支払やらで、かなりの額を支出しているはずです。

ローンを組んでいる場合は、最低でも年間70万円くらいは垂れ流れていくかと思います。

月に3〜4回ぐらいしか車に乗らないのであれば、売却してしてしまって構わないかと思います。
旅行やその他の用事でどうしても車が必要な場合は、レンタカーで十分です^^



C.生命保険費用について

独身もしくは、子供がいない夫婦であれば、生命保険に加入する必要はないらしいです。

どうしても、もしものことが心配で、生命保険に加入しておきたいのであれば、全労災(こくみん共済)などの共済系の生命保険に加入するべきです。
共済系の生命保険であれば、毎月1000円〜5000円程度の定額掛金制で、さらに加入年齢に保険料が左右されません。

大手生命保険会社の保険の半額以下の保険料で同様の保障を受けれることになります。

もしかしたら、保険料を見直すだけで、年間20万円くらい支出を減らせるかもしれませんね。



◆支出削減のためのコツ

ここまで、固定費の徹底削減について記載しましたが、ここでは変動費の徹底削減のコツをお伝えします^^
つまり、娯楽費等でついつい無駄遣いしてしまうといったことを防ぐ方法です。

これは、本当に簡単で誰でもすぐに実行に移せます♪

それは、投資に回す分のお金を給料が入った瞬間にFXなどの投資用口座へ振り込むことです。

あらかじめ決めておいた額を給料が入った瞬間にすぐに使えない場所へと移し、そのお金はもともとなかったものとして生活することで、散財が減ります。
生活費用の口座内のお金でやり繰りしていくように無意識に取組めるため、ストレスはさほどありません。

是非、試してみてください。





◆まとめ

Q.スワップ金利(不労所得)生活達成時期を6年先から前倒しするために『支出の削減』を狙う場合は、
   どのような観点で取組むべきか?

A.『居住費』、『自動車関係費』、『生命保険費用』等の固定費を徹底的に削減していく必要がある。
   質素な生活を行なうコツは、給料振込み後、即座にFX等の投資用口座に一定額を移してしまうこと。